Artist Statement

Cake Totem
私たちの文化的差異に関する対話から出てきたキーワードは、フランスの「対称性」「黄金比」に対する、日本の「非対称性」「白銀比」でした。
本作は2人が各々の文化的背景を意識して作ったパーツを組み合わせたタワーです。塔という原始的な形に落とし込む事により、文化的差異だけでなく普遍性をも表現したいと考えました。
時に争いや分断の象徴でもあるタワーですが、それとは一線を画した、遊び心のあるお菓子のような作品を目指しました。

黄金比(西洋の建築や絵画等に多く用いられる比率。1:1.618)
白銀比(日本の建築や絵画、さらに近年ではマンガやアニメのキャラクターにも用いられる比率。1:1.414)
Keywords coming from the dialogue on our cultural differences were Japanese “asymmetry” and the “silver ratio,” as opposed to French “symmetry” and the “golden ratio”. We created this tower by assembling the parts we created, being conscious of our respective cultural backgrounds. By putting it into a primitive form of a tower, we wanted to represent not only the cultural difference but also universality.
Towers are sometimes considered as symbols of dispute. In contrast, we intended to design it with a sense of fun like sweets.

The silver ratio – the 1:1.414 ratio often used in Japanese architecture and paintings, as well as in the recent manga/anime characters.
The golden ratio – the 1:1.618 ratio often used in western architecture and paintings among others.
金井 悠
Yu Kanai
陶芸作家
Ceramic Artist
Hubert Jouzeau
ユーベール・ジョゾ
Ornamentist
装飾家
金井 悠 / 陶芸作家
1984年
兵庫県生まれ
経歴
2007年
京都精華大学芸術学部陶芸専攻卒業
2009年
京都精華大学修士課程陶芸専攻修了
2007-13年
パフォーマンスユニッ卜contactGonzoのメンバーとして活動
2014年-
京都を拠点に作陶
主な展覧会
2012年
グループ展 1floore2012(神戸アートビレッジセンター/兵庫)
2017年
展示会 MONO JAPAN(ロイドホテル/オランダ)
2017年
個展 Unearthed Toys (VOU/京都)
2017年
グループ展 SOREGASHI(TOKYO CULTUART by BEAMS/東京)
2018年
展示会 DIALOGUE 旅と工芸(ホテルカンラ/京都)
Yu Kanai / Ceramic Artist
1984
Born in Hyogo,Japan
Education and Career
2007
Bachelor of Fine Arts, Ceramics course,Kyoto Seika University
2009
Masterof Fine Arts, Ceramics course, Kyoto Seika University
2007-13
Member of performance group, “contactGonzo”
2014-
Moved to Kyoto to work as a ceramic artist
Exhibitions
2012
Group exhibition,“1floore
2012
”Kobe Art Village Center[Hyogo, Japan]
2017
Tradeshow,“MONO JAPAN” Lloyd Hotel[Amsterdam, Netherland]
2017
Solo exhibition,"Unearthed Toys" VOU [Kyoto,Japan]
2017
Group exhibition,“SOREGASHI” TOKYO CULTUART by BEAMS[Tokyo,Japan]
2018
Event,Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE” Hotel Kanra[Kyoto,Japan]
ユーベール・ジョゾ / 装飾家
1985年
フランス・ブロワ生まれ
経歴
2006年
Charles Peguy学校インテリアデザインの専門職ライセンス取得
2009年
建築パリ・ヴァル・ド・セーヌ国立学校マスター1修了
2010年
Institut Français de la Mode修士課程デザインマネジメント卒業
2014年
Bonne Graine学校にて箔押し職業適性証取得
2017年
独立しアトリエ・ド・パリにて自身の工房を設立
主な展覧会
2016年
個展 Maisondu savoir-faire(Kavachnina Contemporary /パリ)
2016年
グループ展 (ギャラリーWAA/ブリュッセル)
2016年
フェア(Maison du savoir-faire et de la creation/パリ)
2016年
L’Orangerie レストランのための壁画制作(パリ)
2016年
Laurence航空会社のショールームのための壁画制作(パリ)
滞在制作
2017年
アトリエ・ド・パリ(フランス)
Hubert Jouzeau / Ornamentist
1985
Born in Blois, France
Education and Career
2006
Charles Peguy School, Technician License of Spatial Design and Interior Architecture
2009
Paris Val de Seine, School of Architecture Master 1
2010
Institut Françaisde la Mode, Postgraduate Diploma of Management and Design
2014
Bonne Graine School -C.A.P with knowledge of gilding
2017
Established his own studio
Exhibitions
2016
Soloexhibition“Maison du savoir-faire”, Kavachnina Contemporary [Paris, France]
2016
Group exhibition, Gallery WAA[Brussels, Belgium]
2016
Fair “Maison du savoir-faire et de la creation” [Paris, France]
2016
Commission work for L’Orangerie Restaurant[Paris, France]
2016
Commission work for Laurence Airlines Showroom[Paris, France]
Residency
2017
Ateliers de Paris, France
Supporters
  • 京都市
  • LES ATELIERS DE PARIS
  • ATELIERS D'ART
  • 文化庁
  • KYOTO ART CENTER
  • 高島屋
  • ジェイアール東日本企画
  • TCI Laboratory

主催:京都市、パリ市、アトリエ・ド・パリ 協力:文化庁 地域文化創生本部、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、アトリエ・ダール・ドゥ・フランス
特別協力:株式会社髙島屋 事務局 : 京ものアート市場開拓支援事業事務局(コンソーシアム 株式会社ジェイアール東日本企画 / 株式会社TCI研究所)

Organizers : City of Kyoto / City of Paris / Ateliers de Paris Partners : Agency for Cultural Affairs, Government of Japan / Kyoto Art Center / Ateliers d'Art de France
Supporter : Takashimaya Co., Ltd. Managing Office : Kyo-mono Art Market Development Support Project Managing Office(Consortium between East Japan Marketing &
Communications,Inc. and TCI Laboratory, Co., Ltd.)

GO UP