出会い

2018年6月、日仏で選抜された職人・アーティスト20組がパリ市関係機関「アトリエ・ド・パリ」に集い1週間ワークショップを行いました。10組の日本人と10組のフランス人が、それぞれペアとなり、工房訪問などを通じてパートナーをより深く理解する期間を過ごしました。それぞれが取り組む創作物の出発点となるコンセプトは、「文化的個性」を理解するところから始まりました。個々の創作活動において、自身の文化的・伝統的背景や個性を理解した上で、パートナーとのディスカッションを行いました。何が自分自身の個性を形成しているのかを見出す行為です。自分とパートナーに対する理解の共有を経て、各チームはそれぞれ1つのコンセプトにたどり着きました。各チームのコンセプトに基づいて、共に1つの作品を作り上げるか、またはコンセプトを共有した状態で1人1作品ずつ制作するのか、そして2019年1月にどのような作品を制作・発表するのかを決め、パリでのワークショップは終了しました。

Encounter

In June 2018, 20 artists and artisans selected from Japan and France gathered together at Ateliers de Paris, an affiliated organization of Paris, for a one-week workshop session. 10 French and 10 Japanese creators were paired and spent time to understand each other as deeply as possible through activities such as visiting their partners’ ateliers. The starting point concept of their creations started from understanding their own “cultural individuality”. After understanding their own cultural/traditional backgrounds and individuality based on their creative activities, they had discussions with their partners. This is an act to discover what their own individuality consists of. After sharing an understanding of themselves and their partners, each team reached one concept. Based on this common concept, each creator decided to make either his/her own artwork or a collaborative work with their partner. After deciding what to show in an exhibition planned for next January, the workshop ended with great expectations for what will come next.

省察

ワークショップ終了後、アーティストたちはそれぞれ自身の工房に戻り、パートナーと話し合ったコンセプトをもとに試作に取りかかりました。互いに離れた場所にいることで自分自身を省みる時間をもち、メールやスカイプでの対話を通してパートナーのことを想いながら、個々の制作に没頭する日々が続きました。初めて取り組む技術を学ぶ時間、コンセプトを元にモチーフを探し出す時間、イメージにあう素材を探す時間。日仏のプロジェクトアドバイザーたちが進捗を見守るなか、各アーティストは自分のペースでプロジェクトに取り組みました。

Reflection

After the workshop, each artist and artisan went back to their own ateliers to create prototypes based on what they had discussed with their partners in June. Although they corresponded from time to time via email and Skype, being distant from their partners allowed them to reflect and concentrate on their own creations. Some started trying new techniques, others looked for motifs or materials which represent the common concept. While French and Japanese project advisors watched over their progress, each artist worked freely on the project at their own pace.

関係性の深化

10月、再び20組の作家たちが京都に集い、1週間のワークショップを行いました。今度はフランス人たちが、パートナーとなった日本人作家の工房を訪れ技術や文化背景についてより深く知る機会としました。ともに展覧会へ行き価値観や知識を共有するペアや、技術・技法・道具を学び合うペア、作品の共同制作を通じて技術の交換をおこなうペアなど、それぞれがともに過ごす貴重な時間を最大限有効活用し、創作活動に励みました。また、パートナーとなった相手から、他の日本の職人などを紹介してもらうことにより、相手との1対1の関係性からさらに広く、このプロジェクトが終わった後も続いていくであろう、深い人間関係を築きました。

Development of Relationships

In October, all the artists and artisans gathered again in Kyoto for a one-week workshop. It was an occasion for the French creators to learn the cultural background and techniques of their Japanese partners by visiting their studios. Some pairs went to exhibitions and shared their knowledge and values. Some learnt techniques and tools from each other while others exchange techniques by collaborating on works. Each pair efficiently utilized the valuable time together and worked hard on creative activities. Also, being able to meet other Japanese artisans introduced by their partners enabled them to develop relationships further than just one on one with their partners, which could continue even after the project is over.

伝達

10月のワークショップ後、メールやスカイプなどで頻繁にコミュニケーションを取りながら、それぞれ制作を進めていきました。このプロジェクトが大切にしていることは、作家の方々が納得のいく作品を作り上げる環境づくりをサポートすること。そして、異なる文化・言語の人々に「作品と作家のこと」を理解してもらえるよう伝達することです。
クリエイティブディレクターとして「ぬえ」に関わってもらい、プロジェクトのコンセプトや目的を視覚的に伝達するメディアを作りました。アーティストや職人が対話を通じて制作した作品を展示するだけではなく、この挑戦そのものを1つのプロジェクトブランドとして確立し分かりやすく伝えることで、プロジェクト全体、ひいては個々の作家のサポーターを増やしていきたいという思いがあります。

Communication

After the workshop in October, each artist and artisan continued to work on their pieces while having frequent communication through email and Skype. This project not only focuses on the establishment of creative and inspiring environments for each creator, but also trying to make their works and themselves better understood by the audiences from different cultural and linguistic backgrounds.
We made different media to communicate the concept and objectives of this project visually with the support of the creative director, “Nue inc.”. Our efforts were poured not only into the exhibition of the works which were created through dialogue between the artists and artisans, but also into the Communication of their challenges under one unified project brand. We believe this will result in the better understanding of the project’s intention and in increasing the number of supporters for this program and each artist.

展示

2019年1月〜3月にかけて、パリ、東京、京都の3都市で、それぞれのアーティスト・職人がこのプロジェクトを通して創作した新作を発表します。展示会は建築家・インテリアデザイナーやプレス関係者、ギャラリー関係者やコレクターなど、これまで活躍してきた国や市場とは異なる職業的・文化的背景の人々との出会いの場です。多様な客層の中で、作家や作品についてどのように受け止められるのか、どのようなマーケットが適しているのか等を客観的に知る貴重な機会となります。展示会は目的地ではなく1つの通過点。このプロジェクト全体がそうであるように、そこで得た経験を次の制作や挑戦に生かす1つのきっかけです。

Exhibition

From January to March 2019, the new works created through this project will be exhibited in three cities: Paris, Tokyo and Kyoto. Exhibitions are places where we can meet new viewers from different cultural and professional backgrounds, such as architects, interior designers, the press, galleries, collectors, and so on. It will be an important occasion for each creator to look objectively at how their works are perceived by new audiences and what kind of market fits their direction. Exhibitions are not the goal but just a checkpoint - a stepping stone; new endeavors start from here.
Supporters
  • 京都市
  • LES ATELIERS DE PARIS
  • ATELIERS D'ART
  • 文化庁
  • KYOTO ART CENTER
  • 高島屋
  • ジェイアール東日本企画
  • TCI Laboratory

主催:京都市、パリ市、アトリエ・ド・パリ 協力:文化庁 地域文化創生本部、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、アトリエ・ダール・ドゥ・フランス
特別協力:株式会社髙島屋 事務局 : 京ものアート市場開拓支援事業事務局(コンソーシアム 株式会社ジェイアール東日本企画 / 株式会社TCI研究所)

Organizers : City of Kyoto / City of Paris / Ateliers de Paris Partners : Agency for Cultural Affairs, Government of Japan / Kyoto Art Center / Ateliers d'Art de France
Supporter : Takashimaya Co., Ltd. Managing Office : Kyo-mono Art Market Development Support Project Managing Office(Consortium between East Japan Marketing &
Communications,Inc. and TCI Laboratory, Co., Ltd.)

GO UP