Artist : Akiko Noda & Chantal Duclert
Size : H470 W390 D50mm
Photo : Matthieu Gauchet
Artist : Akiko Noda
Size : H130 W510 D390 mm
Photo : Mitsuyuki Nakajima
Artist : Akiko Noda
Size : H130 W510 D390 mm
Photo : Mitsuyuki Nakajima
Artist : Chantal Duclert
Size : H2400 W800 mm
Photo : Matthieu Gauchet

Artist Statement

Reflection [野田朗子]
Mood of Transparencies [Chantal Duclert]
私達はパリと京都で、互いの街や作品を見て一緒に制作した中で、セーヌ川や鴨川、モネの睡蓮やたくさんの女性像の絵画、日本建築などから、自然や文化へのリスペクト、美意識の共通点を見出した。ガラスと箔はとても相性の良い素材で、水のように、互いに輝き「映しあう」素材であることを認識し、それは私達の関係性、ジャポニスムのように古くから尊敬しあう日仏の関係性でもあると考え、心を映すことを制作のテーマとした。
Through the observation of each other’s towns and works, in Paris and Kyoto, and our common inspirations from Monet’s Water Lilies, female statues and paintings, Kamo and Seine rivers and Japanese architecture, we came to discover our shared sense of aesthetics and respect towards nature and culture.
Glass and metal leaf, highly compatible materials, both shine and “mirror” each other like water. It reflects our artistic relationship, as well as the connection linking France and Japan. Our creation is based on the reflection of each other’s mind.
野田 朗子
Akiko Noda
ガラス作家
Glass Artist
Chantal Duclert
シャンタル デュクレー
金箔師
Ornament Guilder
野田朗子 / ガラス作家
京都市生まれ、在住
経歴
2011年
東京藝術大学大学院美術研究科ガラス造形修了
主な展覧会
2009年
京展2009 入選(京都市美術館/京都)
2011年
第48回兵庫工芸展 入選(兵庫県民アートギャラリー/兵庫)
2011年
アートフェア 清州国際工芸ビエンナーレ2011(韓国)
2012年
個展 光と影(銀座屋上ギャラリー枝香庵/東京)(2015年にも開催)
2013年
第52回日本現代工芸美術展 現代工芸大賞 受賞(東京都美術館、京都市美術館、愛知県立美術館、金沢21世紀美術館など全国の美術館巡回)
2013年
第45回日展 入選 (新国立美術館/東京、京都市美術館/京都)
2014年
個展 蓮と生きるー。(現代美術・艸居/京都)
2015年
個展 光のなかのガラス(ギャラリー島田/神戸)
2016年
グループ展 Concorso Arte Milano 2016(日本人アーティスト10人選抜展)(イタリア)
2016年
個展 月を待つ(現代美術・艸居/京都)
2017年
個展 GLASS GARDEN・心の庭 (高台寺圓徳院/京都)
2017年
個展 うつろい(高島屋京都店美術画廊/京都)
2018年
アートフェア Scope Art Show New York(アメリカ)
2018年
アートフェア ASIAN WEEK ONISHI GALLERY(アメリカ)
2018年
アートフェア SCOPE BASEL 2018(スイス)
2018年
個展 Moment and Forever(高島屋大阪店Gallery NEXT/大阪)
2019年
アートフェア LONDON ART FAIR(イギリス)
受賞
2011年
東京藝術大学修了制作展/台東区長奨励賞受賞
2012年
第5回現代ガラス展三輪/休雪審査員賞受賞
2013年
第52回日本現代工芸美術展/現代工芸大賞受賞
2015年
第1回藝文京展/京都商工会議所会頭賞受賞
パブリックコレクション
高台寺・圓徳院(京都)、東光寺(埼玉県)、アスコット丸の内(東京都)、the art in darkness museum(福岡県)
Akiko Noda / Glass Artist
Born and based in Kyoto, Japan
Education and Career
2011
Graduate from Tokyo National University of the Arts, Master course, Glass Art
2011
Technical Teach Assistant, Osaka University of Arts, Glass Craft Course(-2013)
Exhibitions
2011
Craft fair “Cheongju International Craft Biennale” [Cheongju, Korea]
2012
Solo exhibition, Gallery Echo-ann [Tokyo, Japan] (&2015)
2013
“The 45th Japan Fine Arts Exhibition” The National Art Center Tokyo; etc., [Japan]
2013
“The 52th Japan Contemporary Arts and Crafts Exhibition” Tokyo Metropolitan Art Museum, Kyoto Municipal Museum of Art, Aichi Prefectural Museum of Art, 21st Century Museum of Contemporary Art Kanazawa etc., [Japan] (-2017)
2014
Solo exhibition, SOKYO Gallery [Kyoto, Japan] (&2016)
2016
Selected 10 Japanese Artist Competition “Concorso Arte Milano 2016” [Milano, Italy]
2017
Solo exhibition, Takashimaya Art Gallery [Kyoto, Japan]
2017
Solo exhibition “GLASS GARDEN” Kodaiji Entokuin Zen Temple [Kyoto, Japan]
2018
Art show “SCOPE NEW YORK” Metropolitan Pavilion [New York, US]
2018
Group exhibition “Asian week” Onishi Gallery [New York, US]
2018
Art show “SCOPE BASEL” [Basel, Swiss]
2018
Solo exhibition “Moment and Forever” Takashimaya Art Gallery NEXT [Osaka, Japan]
2019
“London Art Fair” [London, UK]
Awards
2011
Mayer Prize of Taito, Tokyo National University of the Arts Graduate Exhibition, Japan
2012
Prize of Miwa Kyusetsu, Sanyo-Onoda Contemporary Glass Art Exhibition, Japan
2013
Grand Prize, 52th Japan Contemporary Arts and Crafts Exhibition, Japan
2015
Prize of Kyoto Chamber of Commerce and Industry President, Kyoto Art Center Competition, Japan
Collections
Kodaiji Entokuin Zen Temple, Kyoto, Japan/ Tokoji Temple, Saitama, Japan / Ascott Marunouchi, Tokyo, Japan / The art in darkness museum, Fukuoka, Japan
シャンタル デュクレー / 金箔師
1954年
フランス・シャトー=ティエリ生まれ
経歴
1982年
金箔師の専門資格を取得
1982年
パリにて金箔師ピエール・モーリーに弟子入り
1987年-
ピエール・モーリーの息子パトリック・モーリーと共に「Atelier Maury」のリーダーを務める
金箔師・装飾画家・マネージャーとして、ヴェルサイユ宮殿、ブルターニュ侯爵邸などの歴史的建造物や個人の邸宅の修復および装飾を手掛ける
1996年
IPEDEC (パリの装飾絵画研究所)にて色彩と装飾絵画を学ぶ
2000年-
数多くの芸術機関や学校でフランスの金箔装飾の技法を教える (IFEDEC, ADAC, Ecole de Condé, ENSAAMAなど)
2007年-
パトリック・モーリーと共に自身のスタジオ「Toile de Laque」を設立。古代の漆の豊かさ・素晴らしさを再現した室内装飾を手掛ける
2007年-
シャネル、カルティエなどのラグジュアリーブランドや、インテリアピーター・マリーノ、ジャン=ルイ・デニオ、トリスタン・アウエルといった建築家・インテリアデザイナーとの仕事を経験し、国際的に活躍
主な展覧会
2007,11,13年
展示会(メゾンエオブジェ/フランス)
2010年
アートフェア(トーキョーデザインウィーク/東京)
2011年
個展 Animals and nature on Toile de Laque(Espace 42/フランス)
2015年
グループ展L'innovation à Coeur(アトリエ・ド・パリ/フランス)
2015-19年
展示会(デコレックス/イギリス)
2016年
アートフェア(Handwerk&Design/ドイツ)
2016年
アートフェア(ミラノデザインウィーク/イタリア)
2016年
アートフェア(FIAC Paris/フランス)
2017年
展示会(レベレーションズ/フランス)
2017年
グループ展 Design et Artisanat d'Art(パリ市庁舎/フランス)
2019年
個展 Eternal gold kiss (バニュルスの樹齢600年のオリーブの木を金装飾/フランス)
受賞
2017年
パリ市イノベーション賞/3位
Chantal Duclert / Ornament Guilder
1954
Born in Chateau-Thierry, France
Education and Career
1982
Diploma as ornament gilder (CAP – Professional Capacity)
1982
Apprentice in the workshop Pierre Maury in Paris, Gilder
1987-
Co-leader of Atelier Maury in Paris with Patrick Maury, son of Pierre Maury
Worked as ornament gilder, decorative painter and Manager in conservative and decorative interventions for Historic Monuments (Château de Versailles, Parlement de Bretagne, Hôtel de Lauzun, Hôtel Saint Florentin, US Embassy, etc.) and private residences
1996
Studied colors and decorative painting at IPEDEC (Decorative Painting Institute in Paris)
2000-
Training instructor in french gilding in many institutions and schools of arts and design (IFEDEC, ADAC, Ecole de Condé, ENSAAMA, etc.)
2007-
Co founder and co-creator with Patrick Maury of “Toile de Laque”, lacquered canvas for wall and furniture recreating the richness and the splendor of the ancient lacquers
2007-
Worked for luxury brands (Chanel, Cartier, etc.) and designers or interior architects (Peter Marino, Jean-Louis Deniot, Tristan Auer, etc.) in international settings
Exhibitions
2007,11,13
Exhibition “Maison&Objet” [Paris, France]
2010
Art fair “Tokyo Design Week” [Tokyo, Japan]
2011
Solo exhibition “Animals and nature on Toile de Laque” Espace 42 [Paris, France]
2015
Exhibition “L'innovation à coeur” Ateliers de Paris [Paris, France]
2015-19
Art fair “Decorex” [London, UK]
2016
Art fair “Handwerk&Design” [Berlin, Germany]
2016
Art fair “Milan Design Week” [Milan, Italy]
2016
Art fair “FIAC Paris” [Paris, France]
2017
Exhibition “Révélations” [Paris, France]
2017
Exhibition “Design et Artisanat d'Art” Hôtel de Ville de Paris [Paris, France]
2019
Solo exhibition “Eternal gold kiss” [Gilding 600 years old olive tree in Banuyls, France]
Awards
2017
3rd Prize of Innovation, Ville de Paris
Supporters
  • 京都市
  • LES ATELIERS DE PARIS
  • ATELIERS D'ART
  • 文化庁
  • KYOTO ART CENTER
  • 高島屋
  • ジェイアール東日本企画
  • TCI Laboratory

主催:京都市、パリ市、アトリエ・ド・パリ 協力:文化庁 地域文化創生本部、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、アトリエ・ダール・ドゥ・フランス
特別協力:株式会社髙島屋  事務局 : 京ものアート市場開拓支援事業事務局(コンソーシアム 株式会社ジェイアール東日本企画 / 株式会社TCI研究所)

Organizers : City of Kyoto / City of Paris / Ateliers de Paris Partners : Agency for Cultural Affairs, Government of Japan / Kyoto Art Center / Ateliers d'Art de France
Supporter : Takashimaya Co., Ltd.   Managing Office : Kyo-mono Art Market Development Support Project Managing Office(Consortium between East Japan Marketing &
Communications,Inc. and TCI Laboratory, Co., Ltd.)

Go up