Artist : Mio Heki(Partner: Isabelle Emmerique)
Size : H100 W60 D40 / H70 W40 D40
Photo : Mitsuyuki Nakajima
Artist : Mio Heki(Partner: Isabelle Emmerique)
Size : H100 W60 D40 / H70 W40 D40
Photo : Mitsuyuki Nakajima
Artist : Isabelle Emmerique(Partner: Mio Heki)
Size : H100 W1200 D100mm
Collection of 10 pieces
Photo : Matthieu Gauchet
Artist : Isabelle Emmerique(Partner: Mio Heki)
Size : H100 W1200 D100mm
Collection of 10 pieces
Photo : Matthieu Gauchet

Artist Statement

Catch the emptiness
空を掴む
空へと膨らんでいく 空虚さを感じる
ここに無いようでいて 全てがここにある
何処からかやってきて 何処かへと向かっていく その道の途中に

私たちのプロジェクトは 地面に種を撒きそれを育むようなことである
私たちが どの様にして再びはじめ 生まれ変わっていくのか

おたがいの作品をより強め合うこと
私たちはそれぞれの一部を共有することで
MISA : MI (-o) and (I)SA(belle) の創造をする
そうして私たち自身と芸術の経験を融合させていく
Catch the emptiness
Climb up to the sky/ Feeling the emptiness
Every-body non -being/ Everything is here
Where are you from? Where are you going?/ On the way
Our project is showing how we can re-start and re-born.
It is like to sow seeds into the ground and waiting the growth.
To do that, we took parts from each other to reinforce our work to create:
MISA: MI (-o) and (I)SA(belle)
The result is the combination of our knowledge of our art and ourselves.
日置 美緒
Mio Heki
漆芸家、修復師、金継師
Japanese Lacquer Artist, Restorer, Kintsugi Artist
Isabelle Emmerique
イサベル エメリク
西洋ラッカーアーティスト
Western Lacquer Artist
日置美緒 / 漆芸家、修復師、金継師
1986年
愛媛県生まれ
経歴
2010年
京都市立芸術大学工芸家漆工専攻加飾コース卒業
2010年
株式会社さわの道元にて社寺仏閣・漆工芸修復師として勤務
2016年
自身の漆工房「アトリエひふみ」設立
漆芸技法を用いた身体や舞台芸術の為の装飾品、ジュエリーデザインと制作、陶磁器の金継ぎ・漆工品の修復を行う
ジュエリーブランド 日文hifumiの展開
金継ぎ・漆の教室、ワークショップを世界各国で開催
主な展覧会
2010-11年
グループ展 てのひらカフェ(堺町画廊/京都)
2013年
グループ展 SMALL ART FOR BIG NATURE organized by Walderedo De Oliveira(Halo Galo/京都)
2016年
個展 Tools for Kintsugi(Hae/マーストリヒト)
2017年
公演 Bird of Paradise(アトリエ劇研/京都)
2017年
二人展 Into Materials(JCE/アムステルダム)
2017年
公演 BOMBSHELL-bombástica-(FORUM KYOTO/京都)
2018年
公演 BOMBSHELL-bombástica-(アンスティチュ・フランセ関西/京都)
2018年
公演 Atsushi Heki solo dance(YCC/横浜)
2018年
公演 Bird of Paradise(アトリエ銘苅ベース/沖縄)
2019年
展覧会 MONO JAPAN(Lloyd Hotel/アムステルダム)
Mio Heki / Lacquer artist, Restorer, Kintsugi artist
1986
Born in Ehime, Japan
Education and Career
2010
Graduate from Kyoto City University of Arts, Crafts course, Urushi lacquer specialty
2010
Sawano Dogen Co. Ltd.: as restorer for national treasury buildings and important cultural properties in Japan
2016
Establish own studio “Atelier hifumi”
Works such as Making costumes and tools for performing arts with traditional lacquer techniques, restoring lacquer ware Kintsugi, repairing or restoring antiques, making custom ordered lacquer ware, creating jewellery, and holding workshops in the whole world
Exhibitions
2011
Group exhibition “Tenohira Café” Monoff [Kyoto, Japan]
2013
Group exhibition organized by Walderedo De Oliveira “SMALL ART FOR BIG NATURE” Halo Galo [Kyoto, Japan]
2016
Solo exhibition “Tools for Kintsugi” Hae [Maastricht, Netherlands]
2017
Stage “Bird of Paradise” Atelier Gekken [Kyoto, Japan]
2017
Solo exhibition ”Into Materials” JCE [Amsterdam, Netherlands]
2017
Stage “BOMBSHELL-bombástica-“ FORUM KYOTO [Kyoto, Japan]
2018
Stage “BOMBSHELL-bombástica-” Institut français du Japon – Kansai [Kyoto, Japan]
2018
Stage ”Atsushi Heki solo dance” YCC [Yokohama, Japan]
2018
Stage “Bird of Paradise” Atelier Mekaru-base [Okinawa, Japan]
2019
Exhibition “MONO JAPAN” Lloyd Hotel [Amsterdam, Netherlands]
イサベル エメリク / 西洋ラッカーアーティスト
1957年
パリ市生まれ
経歴
1978年
フランス国立高等工芸美術学校漆芸専攻卒業
1981年
フランス・コロンブに自身のスタジオを設立
1982年
国際的なキャリアをスタートし、漆芸の創作活動, 展示, 教育に携わる
1999年
フランス国立高等工芸美術学校の漆芸修士コースの主任教師となる
2010年
エルメスベトナム支社漆器部門の技術指導者に着任
2012年
250ページにわたる書籍 「Isabelle Emmerique, laques」を出版
2014年
スイスの高級時計メーカーメゾンピアジェの限定モデルを3種制作
主な展覧会
ヨーロッパとアジアの数々の展覧会に参加
2008年
グループ展Top Ten(台北市立美術館/台湾)
2011年
グループ展 日中仏漆芸3人展(広州・53美術館/中国)
2012年
グループ展 Beauty of Handicraft(ヒュンダイ芸術センター/韓国)
2013年
アートフェア(湖北国際漆トリエンナーレ/中国)
2013,15,17,19年
展示会(レベレーションズ/フランス)
2015年
グループ展 The Depth of lacquer (広州美術学院大学城美術館/中国)
2015年
グループ展 The French Art tour (上海/中国)
2016年
アートフェア 福州国際芸術ビエンナーレ(福州/中国)
2018年
アートフェア ニュイ・ブランシュ (アンスティチュ・フランセより招聘/京都)
受賞
2005年
金沢・世界工芸トリエンナーレ/大賞
2006年
フランス文化省より伝統工芸の最高技能者として「フランス人間国宝」の称号を授与
パブリックコレクション
石川県デザインセンター
パリ ファイブホテル
パリ工芸博物館
Isabelle Emmerique / Western Lacquer Artist
1957
Born in Paris, France
Education and Career
1978
Graduate from National High School of Applied Art and Artwork (ENS AAMA), lacquerware section.
1981
Based in her studio in Colombes, France
1982
Start an international career combining creations and exhibitions, travelling all around the lacquerware world and education
1999
Become Head teacher of the master course of lacquer ware in National High School of Applied Art and Artwork
2005
Won the Grand Prize in triennial of Kanazawa and become National Craft Living Treasure in France
2010
Become the technical adviser for Hermes for the lacquer ware development in Vietnam
2012
Publish a monograph of 250 pages” Isabelle Emmerique, laques ”
2014
Create 3 exclusive watches for Swiss luxury watch maker/ Maison PIAGET
Exhibitions
A lot of European exhibitions and in ASIA
2008
Group exhibition “Top Ten” Fine Art Museum [Taipei, Taiwan]
2011
Group exhibition with N.Onishi (Japan) and Li Lun (China) 53 Art Museum [Guangzhou, China]
2012
Group exhibition “Beauty of Handicraft” Hyundai Arts Center [Seoul, Korea]
2013
Art fair “Hubei International Triennial of Lacquer Art” [Wuhan, China]
2013,15,17,19
Exhibition “Révélations” [Paris, France]
2015
Group exhibition “The Depth of lacquer“ [Guangzhou, China]
2015
Group exhibition “The French Art tour” [Shanghai, China]
2016
Art fair “Fuzhou International Art Biennal” [Fuzhou, China]
2018
Art Fair “Les Nuits blanches” [Invited by the French Institute, Kyoto, Japan]
Awards
2005
Grand Prix, Kanazawa Triennial,Ishikawa, Japan
2006
Become National Leaving Treasure-Maître d’Art named by the French Culture Ministry
Collections
Design center, Kanazawa, Japan
Five Hotel, Paris, France
Musée des Arts et Métiers, Paris, France
Supporters
  • 京都市
  • LES ATELIERS DE PARIS
  • ATELIERS D'ART
  • 文化庁
  • KYOTO ART CENTER
  • 高島屋
  • ジェイアール東日本企画
  • TCI Laboratory

主催:京都市、パリ市、アトリエ・ド・パリ 協力:文化庁 地域文化創生本部、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、アトリエ・ダール・ドゥ・フランス
特別協力:株式会社髙島屋  事務局 : 京ものアート市場開拓支援事業事務局(コンソーシアム 株式会社ジェイアール東日本企画 / 株式会社TCI研究所)

Organizers : City of Kyoto / City of Paris / Ateliers de Paris Partners : Agency for Cultural Affairs, Government of Japan / Kyoto Art Center / Ateliers d'Art de France
Supporter : Takashimaya Co., Ltd.   Managing Office : Kyo-mono Art Market Development Support Project Managing Office(Consortium between East Japan Marketing &
Communications,Inc. and TCI Laboratory, Co., Ltd.)

Go up